日本はんだ付け協会 公式教材 はんだ付け練習用基板

NPO 日本はんだ付け協会 理事長 野瀬 昌治 監修

日本はんだ付け協会 公式教材
はんだ付け練習用基板

はんだ付け作業者に本当に必要な「はんだ付け技能、技術」身に付ける
「限りなく実践に近い難易度」を持つ実技教材

市販のはんだ付け練習用基板は、簡単すぎて 練習にならない・・

はんだ付け検定基板(室温計キット)の
4つの特徴

1 .実際に世の中で使用されている電気製品の基板パターンを忠実に再現

例えば、コネクタのGNDパターンや、放熱のためのGNDパターンを巧妙に配置して、製造の現場で 現実に突き当たる熱量不足による不具合の要因を再現。 受講者は、ハンダゴテやコテ先の選定から、コテ先の当て方、加熱時間を自分で考えることが出来ます。 (道具選びの重要性を学ぶ)(熱の効率的な伝え方を学ぶ)(熱の逃げ方を学ぶ))

2.正しくはんだ付けが出来ると室温計として実際に使用することが出来る

電子部品を指定の通りはんだ付けすると室温計として動作します。受講者は、ものつくりの喜びを 感じることが出来て、達成感を得られます。 (※USB電源が別途必要です) 正常に動作しない場合は、はんだ付け不良、部品の極性が間違っている、熱を掛け過ぎて部品を 壊してしまったなどの不具合が発生しています。実際の電気製品にも起こりうる不具合を 講習で学ぶことが出来ます。 (ものつくりの喜びを感じる)(不具合発生の要因が学べる)

3.はんだ付け職人が詳しく、部品ごとにはんだ付け方法を解説するDVD(動画)を使って学べる

表面実装部品をはんだ付けする際の大原則、アキシャル・ラジアル部品をはんだ付けする時に 考えねばならないこと、GNDパターンの攻略法など。 コテ先の当て方、糸はんだの供給の方法、スピード、コテ先の動きなど具体的に知りたい情報は、すべて書籍にわかりやすく解説されています。 はんだ付け業界には、この50年、このような解説付きの実技教材は存在しませんでした。 良品・不良品の写真も多彩に掲載。 起こりうる不具合をその発生原因を合わせて丁寧に解説しています。 (はんだ付け職人の考え方を学べる)(具体的なはんだ付け方法を学べる)(良品・不良品を判別できる)

4・「はんだ付け検定」の実技試験で実際に使用! 腕試しに是非!

「はんだ付け検定」の実技試験で実際に使用されている公式教材です。 実際の検定のように、時間を計って挑戦して頂くことであなたのはんだ付けの実力を測ることができます。 自社内で練習して自信が付いたら「はんだ付け検定」に挑戦して技能認定を受けましょう。 「はんだ付け検定」の難易度に挑戦してみましょう! (はんだ付け検定を疑似体験できる)(技能認定に向けた準備ができる)

お客様の声

はんだ付け検定基板
(室温計キット)動画

はんだ付け検定基板
(室温計キット)の内容

はんだ付け検定2級、3級用

教材価格 ¥4,500円(+消費税)

はんだ付け検定1級用

教材価格 ¥4,500円(+消費税)


TOP

Copyright © NOSESEIKI co.ltd. All Rights Reserved.